小児歯科

小さいお子さんも安心して通って頂けます

当院での小児歯科への取り組み

当院では、すぐに治療を行うことは致しません。初めてご来院頂いたお子さんには、まず歯科衛生士がお話をしたり、治療器具をお見せしたりしてリラックス出来るような雰囲気作りを行っております。

泣いてしまって治療が出来ないお子さんには、ミラーを触ってもらったり、歯ブラシを差し上げたりして、環境に慣れて頂くよう配慮をしております。おもちゃのくじ引き等もございます。

このように、お子さん1人1人に合わせた対応をしておりますので、小さなお子さんでも安心して通って頂けます。

また、直ぐに削るのではなくダイアグノデント(むし歯検知レーザー)で虫歯の度合いを見てからお話し合いの後治療方針を決めて参ります。

大切なお子さん自身に歯科医院の空間が、少しでも通いたくなるような、そんな環境作りを第一に考えております。

童話集や絵本、アニメーションDVD、おもちゃ等もご用意しております。
お子さんが何人か座れますプーさんの長椅子等もご用意しております。

リニューアルOpenにより、半個室を設けておりますのでご安心下さい。

お子さんの虫歯予防

当院でのお子さんの虫歯予防については、以下のような取り組みをしております。

フッ素塗布(0歳~15歳)無料
シーラント(奥歯や前歯の溝にプラスチック樹脂を埋め込むことで虫歯を予防します)
サホライド(奥歯はあるけど治療不能な時、虫歯進行止めを塗ります)
キシリトール100%のガム・タブレットを推奨
毒だしうがいを推奨

お母さん・お父さんに知っておいてほしいこと

2017年3月17日、厚生労働省が薬用歯磨き粉のフッ素の配合量の上限を1000ppmから1500ppmまで引き上げることを承認しました。その為、高濃度のフッ素が配合された歯磨き粉が発売されております。(1450ppm配合の歯磨き粉が発売中)

フッ素は毒性があるのではと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、フッ素はナトリウムと結びつくと安定するので、毒性については心配がないと考えられます。

万が一、高濃度のフッ素入りの歯磨き粉で気分が悪くなった時には、アイスクリームや牛乳などの乳製品を摂って頂くと中和できるので、覚えておかれることをおすすめ致します。

お子さんにしてほしいこと

お子さんは毎日どんなタイミングで歯を磨いていますでしょうか?
従来では、1日3回、毎食後3分間歯磨きを行うことが推奨されていました。しかし最近では虫歯菌が繁殖するのは夜中であることが分かってきた為、
歯磨きは①夜寝る前と②朝起きてすぐ行うのが推奨されております。昼間は唾液が洗い流してくれるのでうがいだけでも有効です。

 

最新スウェーデン・イエテボリ法
2+2+2+2 です
 
・1日2回(就寝前と起床後すぐ)
・歯磨き粉2㎝
・歯磨き2分間
・歯磨き後2回法
 
とのことです

その為、繰り返しになりますが、お子さんにも、歯磨きは夜寝る前と朝起きてすぐのタイミングで行うようにおうちでも指導してあげて下さい。もちろん毎食後キチンと出来ましたらそれは素晴らしいですね!

その上「毒だしうがい」(常温水30mlを 上、下、左、右の4ヶ所に分けて)も歯垢プラークが落ちます。勿論ブクブクうがいも有効です。

矯正歯科

お子さんの噛み合わせや歯並びの悪さ、小帯(舌の下にあるスジや上唇の正中にあるスジ)の位置異常などを放置いたしますと、歯や顎(あご)、鼻腔にまで悪影響を及ぼします。成長期に治療を始めることが重要ですので、心配な親御さんは、治療が効果的な永久歯の前歯が生えてきてからご相談下さい。

矯正歯科顧問の先生監修のもとMTMなど可能な症例は当院で行います。外傷性脱臼など、ケースによっては保険適応もございます。
難しいケースは専門医にご紹介させて頂きます。

連携矯正歯科

根津矯正歯科(川崎駅前)
溝口矯正歯科(溝の口駅徒歩1分)
神保矯正歯科(溝の口駅徒歩3分)
※各医院のパンフレットもございます。ご希望の方は、お申し出下さい。

訪問歯科

地域密着ということで、今まで来院されていた患者様が、ご高齢等で来院困難になられた等に対し訪問も行っております。(訪問歯科専門衛生士も在籍しております)

初診の方でも遠慮なくご相談下さい。

入れ歯について

我が国の総人口は、2015年(H27)10月1日現在、1億2711万人となっております。65歳以上の高齢者人口は、3392万人となり、総人口に占める割合が(高齢化率)は26.7%となり約3割が高齢者を占めております。

そのような昨今、当院においても義歯の需要がこの10年で明らかに増加しております。
当院では開院以来、義歯専門の技工所(横浜)にお願いしており信頼出来る技工士です。
保険治療でも十分に素晴らしい入れ歯は作れますのでご安心なさって下さい。

  • 保険治療では・・・金属のバネ付きの部分入れ歯(局部床義歯)から総義歯(総入れ歯)まで
  • 自費治療では・・・バネのないノンクラスプデンチャーやシリコンデンチャーや、熱伝導やアレルギーなしの金属床(コバルトクロム床やチタン床)など幅広く種類もございます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

このようなケースでお困りではありませんか?
何度作り直しても良くならない。
調整しても良くならない。
割れてばかりで困っている。
見てくれが悪くなった。
出っ歯になった。
パカパカして物を食べるどころではない。
顎まで痛くなった。
保険の歯でお願いしたい。
インプラントを勧められたが義歯でお願いしたい。
保険外の入れ歯の話が聞きたい。
長年歯科治療をしていないので恥ずかしい。
訪問してくれるか心配。 など
お口がクサイと言われた。

お困りの時はすぐにお電話下さい。

またどんな些細な異和感でも、遠慮なくお申し出て下さい。
その痛みを放置しますと、びらんや潰瘍(褥瘡性潰瘍=床づれ)さらには「がんの前症状」にもなる可能性もございます。

最後に入れ歯には沢山の汚れ(歯垢・歯石)や臭いも付着しております。
是非、検診にいらしてクリーンな入れ歯を手に入れましょう!!(是非口腔がん検診もご一緒に!)

特殊外来

マタニティ外来

・生まれてくる大切な赤ちゃんをお迎えする為に、お母さん(パートナーの方も)の口腔環境を整えておくことをおすすめ致します。
・妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響により歯周病菌が増殖し妊娠性歯周炎を引き起こしてしまいます。重度歯周病(歯ぐきから膿が出る)になると早産の原因にもなってしまいます。
・「つわり」がひどく診療にいらっしゃれないお母さんには、うがい薬やキシリトールタブレットやガムなどのご用意を致しておりますのでパートナーの方やご家族の方にお願いしてみてはいかがですか?
・また元気な赤ちゃんが誕生した後赤ちゃんに侵入し、感染致します。
接触を避ける方向ではなく自分自身の口腔を清潔に保つことが赤ちゃんの口腔衛生に繁ることを理解し口腔ケアに励んで下さい。
生後平均26ヶ月(19ヶ月~31ヶ月)に初期感染が集中しており、この時期を「感染の窓」と呼びます。特に気をつけて下さい。
・2017年(H29)10月から、川崎市では、「歯っぴーファミリー健診」と称して、妊婦さんとそのパートナーさんに「健診」を行います。是非この制度をご活用頂きまして大切な赤ちゃんをお迎えする為に、準備なさって下さい。当院は、「歯っぴーファミリー健診」の登録歯科医院です。
是非ご利用下さい。

口臭外来

当院では、ご希望の方にタニタ製口臭チェッカーによる口臭簡易検査を、無料で行っております。原因は虫歯、歯垢や歯石による歯周病、舌のコケなど、胃腸からくるものまで様々ですが「臭いがある」ということは、菌が存在することになります。
スッキリとしたお口でいられます様、お口のケア、是非お申し出下さい。

病気の種類による臭いの違い

①胃がん・肺がん→肉の腐敗臭

②肺炎・肝硬変→アンモニア臭

③腎臓の不調→魚の腐敗臭

④糖尿病→果物の腐敗臭

口臭外来

当院では、ご希望の方にタニタ製口臭チェッカーによる口臭簡易検査を、無料で行っております。原因は虫歯、歯垢や歯石による歯周病、舌のコケなど、胃腸からくるものまで様々ですが「臭いがある」ということは、菌が存在することになります。
スッキリとしたお口でいられます様、お口のケア、是非お申し出下さい。

かみ合わせ外来

かみ合わせが悪い=お口のトラブル=全身のトラブル
ということをご存知ですか?

かみ合わせが悪いと
① 食事がうまくとれない
② 顔のゆがみ
③ 心理的に憂うつになる
など様々です。さらに放っておきますと
① 虫歯や歯周病
② 顎関節症
③ 肩こり
④ 偏頭痛(緊張性頭痛)
⑤ 腰痛
など様々な影響が出てしまいます。
この機会に「かみ合わせ」を見直してみませんか?
少しでもかみ合わせに異和感を感じましたら是非当院までご連絡下さい。