歯周病・予防歯科

歯周病

歯周病とは

歯周病とは、日本の成人の約80%が罹患している国民病です。即ち歯と歯のすき間などに付いた歯垢(プラーク)の中の細菌が繁殖して歯肉に炎症を起こし、歯を支える骨を溶かしていく病気のことです。進行すると歯がグラグラし、やがて歯を失う原因にもなります。

その上、重度歯周病では早産の原因にもなりますし、心臓病のリスクも上がります。

歯周病対策に役立つ歯磨き粉成分

歯周病対策には、以下のような成分が有効であるとされています。歯磨き粉を選ぶ時には、以下の成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

  • 歯垢(プラーク)を分解・殺菌する成分

    • デキストラナーゼ
    • 塩化セチルピリジニウム(CPC)
    • トリクロサン
  • 歯垢の集合体(バイオフィルム)に浸透殺菌する成分

    • イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
  • 歯周病炎症や出血を抑制する成分

    • トラネキサム酸
    • βーグリチルレチン酸
    • カミツレチン酸

歯周病にならないために

毎日、歯磨きをしたりフロスを使ってお口の中をお掃除する努力をして頂くことが、歯周病予防の為には最も重要です。歯を磨けない時はうがいだけでも有効です(FBI等)

それにプラスして、定期的に歯医者に通ってお口の中のクリーニングをしてもらいましょう。当院では保険診療内でのプラークコントロール、スケーリング(歯石除去)、ルートデブライトメント(歯周内ポケット内のプラーク(歯垢)除去)や、ルートプレー二ング(汚染セメント質除去と根再をなめらかにする)、自費診療のPMTC【プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング】(段階を追って歯をつるつるに磨き上げていく機械的歯面清掃)、またぺリソルブも行っておりますので、是非ご利用下さい。

【ぺリソルブ】

・詳しくはプロフェッショナルの項目を参照にしてください。

・詳しくは虫歯治療のストレスを軽減する項目を参照してください。

予防歯科

当院の予防歯科

当院では、まず口腔内カメラでお口の中の写真を撮らせて頂き、口の中が今どのような状態になっているのかを患者さんに見て頂きます。次に、歯科衛生士が治療方法や治療期間、通院の頻度などについて相談させて頂きます。それらをもとに、歯科医師とすすめて参ります。

当院の予防歯科のベースとしているのは、コンセプトにも掲げている「FBI」の指導です。

FBIとは

  • 【Frossingフロッツシング】(歯と歯の間のプラークを取り除く)
  • 【Brashingブラッシング】(歯ブラシで歯を磨く)
  • 【Irrigationイリゲーション】(洗浄する・毒だしうがいなど)

のことです。

こちらをベースに、保険診療で行うプラークコントロール、スケーリングやルートデブライトメント、ルートプレーニングさらにはご希望に応じて自費診療で行うPMTCやトレーを用いたドラックデリバリーシステム【DDS】(SP-Tジェル等使用)などもございます。

「歯の1本の価値」をご存知ですか?

みなさんはご自身の「歯の1本の価値」をご存知でしょうか?
サラリーマンの生涯年収は平均2億円とされており、そこから歯の価値を計算致しますと、歯は1本40万円の価値があるそうです。

その「40万円」の価値を生かせるかは患者さん次第です。

(例として、当初世間一般でインプラントが40万円と設定されたのもこちらが根拠です。)

健康な歯があれば、よく噛まずに飲み込むことで起こる消化不良などは減りますし、いつまでも食べることを楽しめます。また、何よりも若々しくいられることが大きなメリットではないでしょうか。

逆に歯周病を放ってしまうと心臓病のリスクが上がります。また上顎の歯を失うことで、アルツハイマー型痴呆症を発症するという文献も出ています。

食を楽しむツールである歯がなければ、きっと人生は寂しいものになってしまいますよね。歯を失うことの重大さに気づく前に、しっかり虫歯・歯周病を予防して、できるだけ長く自分の歯で食べられるようにしていきましょう!

みなさんはご自身の「歯の1本の価値」をご存知でしょうか?
サラリーマンの生涯年収は平均2億円とされており、そこから歯の価値を計算致しますと、歯は1本40万円の価値があるそうです。

その「40万円」の価値を生かせるかは患者さん次第です。

(例として、当初世間一般でインプラントが40万円と設定されたのもこちらが根拠です。)

健康な歯があれば、よく噛まずに飲み込むことで起こる消化不良などは減りますし、いつまでも食べることを楽しめます。また、何よりも若々しくいられることが大きなメリットではないでしょうか。

逆に歯周病を放ってしまうと心臓病のリスクが上がります。重度歯周病では妊婦さんの早産の原因にもなります。また上顎の歯を失うことで、アルツハイマー型痴呆症を発症するという文献も出ています。

食を楽しむツールである歯がなければ、きっと人生は寂しいものになってしまいますよね。歯を失うことの重大さに気づく前に、しっかり虫歯・歯周病を予防して、できるだけ長く自分の歯で食べられるようにしていきましょう!