一般歯科・口腔外科

虫歯治療

費用や通院回数の面もご安心頂ける工夫

当院では、治療法や通院回数についても、透明性を高めて患者さんの不安を取り除けるように努めております。

治療に入る前には、検査・健診を行った上でどのような治療が出来るのか、選択肢についてお話させて頂きます。それぞれの治療法のメリット・デメリットも含め、治療内容・治療時間や期間などをご相談の上、今後の治療方針を決めて参ります。どのような時にも患者さん1人1人の心に寄り添った治療を心掛けております。

ご納得頂けない場合はお話しに留めることもございますので、どんな些細なことでもお気軽にお申し出下さい。

痛み・ストレスを軽減する治療

誰でも、歯を削られたり麻酔をされるのはいやなものです。その為、当院では治療時に『痛み』や『ストレス』を少しでも軽減する工夫をしております。

例えば、麻酔をする時には

  • 麻酔前に塗り薬で歯茎を麻痺させる。(前・表面麻酔)
  • (本番の)麻酔では麻酔薬を人肌に温める。
  • 一番細い針を使用することで痛点を少しでも避ける。
  • 打つ場所(麻酔刺入点)や回数を考慮する。
  • 麻酔の量は最小限にする。(アレルギーにも考慮)
  • 場合により電動麻酔器にてゆっくりと細心の注意を払って行う。
  • 麻酔が不要な場合は極力使用しない。

などを心掛けております。

また、当院は「カリソルブ」「ペリソルブ」の認定医でもあります。
麻酔や歯を削る音がきらいな方には「カリソルブ」という薬剤を用いて虫歯を溶かし、耳掻きのようなスプーンでかき出すことによって、歯を削らずに済む治療が出来るようになりました。(一部保険対象外)

さらに、歯石を取るときにガリガリされるのがきらいな方には、「ペリソルブ」と呼ばれる薬剤を用いて歯石を軟化させ、歯周ポケット内の殺菌消毒と共に、簡単にサクサクと歯石を取ることも可能となりました。カリソルブ・ペリソルブを用いる症例が増えてきたことから、当院はカリソルブ・ペリソルブのメーカーに症例の写真提供もしております。※お子様によってはどうしても削ることが困難な場合にはキッズソルブもございます。

以上のような工夫をすることにより、当院が患者さんにとって、「最近の歯医者は悪くないな」「ちょっと行ってみようかな」と、気軽にお越し頂けるような場所となるのが、私共の願いです。

根管治療

当院が行う根管治療とは

虫歯がひどくなって神経まで達しているような場合には、いくつかの治療方法があります。そのひとつは、MTA(Make Teeth Alive)セメントと呼ばれる薬を使う方法です。虫歯の部分を除去して、そこにMTAセメントを入れておくと、虫歯菌をやっつけることができます。この方法であれば、神経を抜く必要はありません。

もし、どうしても神経を抜かなければならない場合は、「根管治療」という方法があります。当院では、難しい症例ではマイクロスコープを利用して神経がどのように通っているかを見ながら、正確に神経を取ることが可能です。

当院はCTとマイクロスコープを備えていることから、保険にて精密な根管治療が可能となりました。(厚生局認可済)治療法のひとつとして根管治療(歯内療法)をお考えの方は、是非当院までご相談下さい。

治療後のケア

根管治療をして神経を抜いた後の歯は、ドライフラワーのようにもろくなってしまいます。その為、治療をした歯でいきなり固いものを噛んでしまうと、たちまちダメになってしまいます。(バリッと割れてしまいます)

その為、当院では、噛むものは柔らかいものから始めて、徐々に固いものへ移行して頂くようにお願いしております。食事のときは噛む力は男女共に体重くらいです。思い切り噛みしめたりした時には100kg超です。ちなみに歯みがき圧は1kg以下です。また、歯のクラック(ひび割れ)防止として「保湿(モイスチャー)」としての歯磨き粉をつけての歯磨きを行って頂くようお願いしております。

口腔外科(ケガ、親知らず、顎関節症、口腔がん、など)

当院では以下のような外科治療も行っております。気になる症状がある方は当院までご相談下さい。(口腔外科担当顧問監修)

また当院では難しい場合、連携関連病院である関東労災病院・川崎市立多摩病院、その他大学病院にご紹介させて頂きますのでご安心下さい。

当医院ではCT、マイクロスコープを設置している為、厚生局に認可を頂いており、一部保険適応にて精密医療を保険で行える場合がございます。(詳しくはお問い合わせ下さい)

  • 親知らずの抜歯 (CT撮影保険適応可能)(厚生局認可済)
  • その他の抜歯や難抜歯 (CT撮影保険適応の場合も)(厚生局認可済)
  • のう胞摘出術 (CT+マイクロにて保険適応可能)(厚生局認可済)
  • 歯根端切除術 (CT+マイクロにて保険適応可能)(厚生局認可済)
  • 粘液のう胞摘出術
  • 小帯切除術
  • 顎関節症 (CT撮影保険適用)(厚生局認可済)
  • 口腔がん検診など

当院の親知らずの治療について

当院では、3次元撮影を可能にする医学歯科用CB-CT(コーンビームCT)を導入しております。

親知らずの抜歯の際には、精査の為CT撮影を行う場合もございます。神経や血管を傷つけてしまいますと、しびれや麻痺が生じます。神経や血管の損傷がなければ腫れも痛みも最小限におさえることが出来ます。

もちろん、抜かなくてもいいケースもございます。また近年、親知らずの根を残し頭部分だけを取る“コロネクトミー”という活療法もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

当院の顎関節症の治療について

①パロラマレントゲン・CTによる精査

②理学療法による節マッサージ指導

③TCH(Tooth Contacting Habit)、この歯列接触癖に留意するような指示

④東洋医学的3アプローチ(ツボ通電)

⑤スプリント療法(マウスピース)

顎(あご)について少しでもお困りのことがございましたらご相談下さい。

当院の口腔軟組織疾患(口内炎から潰瘍・腫瘍に至るまで)の治療について

ベルスコープを用いて小児から高齢者に至るまで、東京歯科大学口腔専門医による診断が3時間以内に送られて参ります。

これは、当院にいながら大学病院の専門診断を受けられるという画期的なシステムです。是非、軟組織の検診も行って頂きますことをオススメ致します。詳しくはお問い合わせ下さい。

(口腔がん撲滅医院会のホームページもご参照下さい。)

こちらをクリック<<<http://www.oralcancer.jp/>>>

お問い合わせ・ご予約はこちら

    • 初診の方 24時間WEB予約
      初診の方 24時間WEB予約
    • 再診の方 診療のご予約
      再診の方 診療のご予約
  • 044-814-4618 診療時間のお問い合わせやお悩みのご相談 など、お困りのことがございましたらお気軽に当院までご相談ください
    contact_tel_sp.jpg

医院からのお知らせ

新着情報

一覧へ >
2018/05/22NEW
歯ブラシ❗歯みがき粉❗デンタルリンス❗医院ブログ更新しました。
2018/05/17NEW
親知らず❗親知らず❗医院ブログ更新しました。
2018/05/12NEW
左上顎洞内親知らず抜歯❗(帝京大学耳鼻科より依頼)医院ブログ更新しました。
2018/05/10NEW
5月は(月)~(土)診療しております❗歯科医師3人体制(口腔外科医♂小児高齢者歯科医♀一般歯科医♂)でお待ち申し上げております。
2018/05/09NEW
ツバメさん・巣作り❗医院ブログ更新しました。
  • 食育ブログ
    食育ブログ
  • 医院ブログ
    医院ブログ
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
    信頼できる医療機関を探せる Medical DOC